セラピーと介護でお手伝いkuniの徒然日記

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事の紹介

世界はアイに満ちていてとても優しいことを教えるための現象?!

上記写真はpicoさんのブログ「いったいどうしたら龍さんの声が聞こえるんでしょうか?」から知ったものです。 陶彩画家草場一壽さん作『時は今』です。 この話しは最後に書きますね。

~ ~ ~

昨年に森野御土日古さんの「星と心と魂で生かされていく学校」にどうしても入りたかったです。学費が30万以上と知り一括なら無理と一時諦めかけました。

学費は各自で決めた分割払いでも可能とあって3年払いで毎月1万円を提案して入学が出来ました。正直毎月1万円の収入をどうしようか決まらないままの入学になりました。

そんな中で最後に選んだのは毎週水曜日の休みのアルバイトでした、2016年の11月に入学が決まりました。

12月からデイサービスのアルバイトを朝から夕方まで毎週やっていい金額になりました、しかし2回目位から送迎の車の運転を含めて何点か合わない点があったので12月中で辞めました。

翌月の2017年1月から本業と同じ障碍者訪問介護のアルバイトに就きました、勤務時間は数時間しかなく月1万円が精一杯でしたが人間関係が良く楽しんで働けました。しかし10月に初めに本業で体調不良になり勤務時間の短縮とアルバイトの見直しでアルバイトを辞める事になりました。

毎週水曜日はキツいので月1か2回の単発アルバイトで1万円の収入が必要でした、見つけたのは登録を行い勤務可能な日だけ単発で働く方法です。このアルバイトを11月から始めました。 勤務内容によっては月1回(1日)の勤務で1万円の収入になります。

ふと思ったのはこの学校に入って自分に合った働き方で学費が払える、単発で色々な種類のアルバイトをやることで「今までこの世は怖いところ、人には甘えられない」と思い込んでいたのを「本当はこの世はアイに満ちていてとても優しいところ」に気づかせるための出来事だったように思います。

3年前に介護職に変わりましたが、その前は工事現場の管理を行って全国を飛び回っていました。出張日が1日6,000円支給され食費約3,000円を引いても3, 000円が小遣いになりました、週15,000円で月60,000円が本業だけで手に入りました。

その後に全国回りにまあいいの気持ちで出張なしに遂には他業種に転職しました。一番の気掛かりは小遣いが0になることでしたがその気持ちを越えての転職でした。

この学校もその時代なら苦労せずに支払えましたが、今回のように苦労して色々な仕事や人と出会えることは無かったように思います。

~ ~ ~

この先はここ数日facebookに投稿した記事です。

☆警察官からしつこく職質を受けたことを数人の友達の投稿で見ました。

その関係で思い出しました。警備員に社員証を見せて入館する仕事をしていました。

ある時、社員証とは別のカードで入館したことがあります。聞けば朝は一度に大量の社員が集まり全ての人の社員証の照合は無理なので挙動不審者を重点て見て合間に社員証をみるそうでした。

確かに大手社員は堂々としてたまに来た搬入業者がうろうろしています。その後も社員証を忘れた時はこの手て入館しましたが入室カードも兼任になってからは手続きが手間で忘れなくなりました(笑)

懐かしい思い出でした、今の職場はそんとは程遠い形態です。

あっ何も会社の大小ではなく、今の仕事に誇りを持っていれば正々堂々と経ち振る舞えるように思います。

☆うわ~スゲエ シンクロと単純に喜べたのは過去の話。

今はfacebookアルゴリズム(仕組み)で閲覧やクリックしたパターンを覚えていて、その傾向の記事を掲載するだけと冷静な目で見ています。

スピリチュアルを妄信するのではく無視するのでもなく、天気予報のようにリアル生活に取り入れて活用することが大切と改めて思えるようになりました。

☆私はこんなスピリチュアル話しが大好きです。

picoさんと会えたら幸せになれるではなく、幸せだからpicoさんと会える。今そんなそうなふうに感じます。

元記事はこれです。

picoさん本人からお礼のコメントがあって感激しました。

picoさんのfacebookの紹介内容は「PICOオフィシャルブログ いつでもPICOといっしょ」の「いったいどうしたら龍さんの声が聞こえるんでしょうか?」です。

このブログも含めてpicoさんのブログって私はとても良かったと感じます、宜しければブログをご覧頂ければ嬉しいです。

この世は鏡です、自分が喜べは回りも喜ぶし怖いところと思えはそのように見え、いい人ばかりアイに溢れていると思えばそのような現象が現れます。