くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士でセラピスト修行中のブロガーが綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

自分軸で生きること、スピリチュアルからの脱却


出川哲郎曰く、『世間は勝手』

一時スピリチュアルリーダーとして一世を風靡した賢者テラさんが現在は一般人として、スピリチュアルを盲信することへの警笛を鳴らす番組がスピリチュアルテレビで放映されています。

賢者テラさんの話題は示唆に富んでいるので可能なら生放送で、無料なら録画で視聴しています。

目の前の現実と取り組む必要性と重要性を説かれています。私も一時手元にお金があるのを良いことにアチコチのセラピスト資格を取得セミナーに行ったり、セッションを受けに行くのを日課にしていました。

今だから分かるが自分の寂しさを埋めたり、人から一目置かれる存在になりたくてその奥に自己否定と自己評価の低さがありました。今はテラさんの言われる目の前のリアルな出来事や人とひた向きに取り組むことを大切が実感出来たように思います。

しかし当時の行動があったから素敵なセラピストさんやヒーラーさん、スピリチュアルリーダーと出会えてリアルな暮らしのままでは決して会えない方々と時間を共有出来て無駄ではなかったと思います。

はづき虹映さんのブログの『2018年のイヤーメッセージ』 に書かれていた印象的文章をご紹介します。

だからこそ、今年は「何をするのか」ではなく、「誰とするのか」を意識して、より深い「つながり」を築いていくことが大切なのです。

転機終わり

ドラマを見ていて自分の変化に気づいたことがあります。それは今まで仲間を裏切ることに激しい怒りがありましたが、裏切る理由が大切な身内を守るためならそれもありかと思えるようになったことです。

2018年は目の前の出来事や人と一期一会の気持ちで関わり、自分軸を立て自分の想いと本音が語れて同じ志を持つ人と関わりながら、お互いの想いを形のするための動きをする年になるように精進努力します。

本当は神社で感謝と決意を表明するのに最適なタイミングですが、あの世界とつながっていると言われるネット(ブログ)で決意表明をさせて頂きました。