くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士でセラピスト修行中のブロガーが綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

「お坊さんと座談会」で思うことアレコレ

先日職場からのメールで「第二回の学習会」の案内がありました。主旨としてお寺の住職さんをお呼びして、仕事(介助)中に感じる悩みを皆で共有し、ワークショップを通じて人を思いやる気持ちを再確認するとありました。

ふとここ最近メンバーの関係者が相次いで亡くなっているので心のメンテナンスかと感じました。自分の担当だった方が亡くなった方の心労はいか程かと思えば適切な時期かと感じました。

言わばオープンカウンセラーでどれ位の方が悩みを話されるか分かりませんが、全く居なかった場合の法話も考えられていると思います。

このお題に従って悩みはないと言うか仕事(介護)中は目の前の事柄に集中して悩みどころでなく終わったあとなどプライベート時間に色々と考えるからです。

よくは知りませんがお坊さんは仕事がら人から人生の相談を受けやすいので学校ではカウンセラーの知識の単元があるのかも知れません。

「お坊さんと座談会」に関連してか昔居た職場の方から年賀状が毎年届いてかれこれ10年位になります。その方の名前を検索したらfacebookにありました。ただ顔写真や記事が全くなく大手企業に勤めているので厳しい統制があるのかもと感じました。

その職場は私の勝手な行動が元で周りに迷惑を掛けて退職する羽目になりました。その次の会社も3年ほどでプッツンして筋は通したつもりでたが結果は退職、次の会社も同じく3年を迎える前に上司との関係で退職しました。いづれもその業界では大手と言われて一部上場の会社でした。

今はそれなりの規模の福祉団体に勤めて3年を越えて4年目になります。

昨年に介護職場の元管理者から事務所仕事を週2日頂きましたが事務所仕事は性に合わないので辞退して夜勤に変わったことがあります。