セラピーと介護でお手伝いkuniの徒然日記

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事の紹介

50万円、1億円セッションと陰陽五行の元にした帝王学の動画を見ました。

facebookを見ていたらリアルで1,2回会った友達の友達に「50万円、1億円のセッション」をされる方がいました。

今回はこの内容で書きます。その方がどうのこうの批判などでなく、自分の心内で思ったことの紹介です。

セッション内容を見るとセッションの価格ではなく「覚悟料」とのことでした。最初に「50万円の設定」があり、申し込みが無かったので覚悟料なしの5千円のセッション提示がありました。

今日見たら「1億円の設定」がありました、セッションする側も覚悟を決めているのコメントもありました。

自分のキャパ以上のお金が入ってくると家庭内の電気ブレーカーのように飛んでしまいます、通常はブレーカーでストップさせますがそれが間に合わないと配線から発火して大ごとになります。

まず50万円、1億円のセッションを依頼する側の事を考えて見ました。私は一時死ぬほど残業をして月収50~60万円の収入がありました。

生活費込みなので使えるのは半分で2ヶ月分か賞与があった時になんとか50万円を使える程度です。

常時それだけのお金が自由になる人は想いも行動も私とは全く違うので想像も難しいと思いますがこじつけて考えて見ました。

それだけのお金を使って覚悟をしてセッションを受ける方が「お金で解決出来る物質的な相談」に来るとは思えません。それなりの内容になると思います。

それに対して満足する結果を出す必要があります。心や魂業界に相場はなく、ある意味で言い値です。目に見えない世界なのでクライアントさんが満足すればokです。

ある程度になればお金に執着しなくなると思いますが、そんな方がセッションを受けるとは思えません。何かしら拘りある方が1億円掛けて受ける時は、行う方もある意味命懸けです。

金貸しドラマで数十万円から数百万円の借金が払えない男性が過酷条件の労働に着かされるのを見ました。その片の記事や写真を拝見すると失礼ながら1億円の価値は感じられませんでした。

その人となりと話し納得出来れば50万円コースは検討するかも知れませんが文章からはそれだけの価値は感じられませんでした。

それだけのお金を持っている方はある程度の修羅場をくぐり抜けた経験があるように思います。

もし私が聞くとしたら「50万円たと1億円のセッションを覚悟して行うと言われたがどう違うのか分かるように説明してほしい。

命懸けの言葉も50万円なら分かるが1億円では通じない、命を投げ出す人もいる。相談内容を明かす以上は納得いく結果が大前提」と言うと思います。

金額から冗談やシャレで誤魔化すことも出来ますがネット上で拡散された情報は命を持ちます。実際にクライアント(相談者)が現れた時に覚悟ある対応が出来るかとても興味があります。

一度ネットで拡散された文章は取り消しが出来ません、もし冗談やシャレで済ませてしまえば、以降の大真面目な話しも信頼を無くして力を持たなくなります。

それだけの覚悟をされて「50万円、1億円のセッション」をされているか、とても気になる方です。

私の見た高額セッションで数十万円から数百万円で内容もある程度書かれていましたが金額(覚悟料)だけの記載は初めてで会社社会で言えば50万円なら1ヶ月24時間体制位の対応か一瞬にして人生を変える秘宝が提供出来るだと思っています。

それだけのお金を回せる人はある意味毎日が覚悟の連続で明日は死すとも可なりの生き方をしているように思います。

そんな方相手にどうな対応をされるのかむちゃくちゃ興味があります。

どなたか1億円のセッションを受けられ方がいらっしゃれば、その方の記事を紹介致します。無料です(笑)

~ ~

facebookに流れて来た多分広告表示の「陰陽五行」が気になって申し込みました。1話終了後に登録解除をしたので記憶から記事にしました。

政界や財界のフィクサーとしてのコイケ先生が顔出しNGで対談でした。話しを聞いてこの方は本物と実感しました。

リンク先には2話目のリンクもあり合わせて視聴しました。

この動画から私は フィクサーとしてアドバイスが適していてバワーは充分持っていて6,7月が要注意の月。

富裕層とは全く縁がなく下層位の方との縁に全力を傾けるでした。

この特性を生かせるのは富裕層のフィクサーとしてのアドバイザーですが、富裕層とのつながりを望まない人生を選んできた。

私なりの解釈をすれば強力な牙を持ちながら、その懐刀を使わない一生を選んで来たのではと感じました。

自己中の読み方ですが、この力を生かせるのは政治家と企業のトップクラスの方々です。しかし望んでいるのは真反対の方との縁でした。

考えて見れば現状はそれが生かされているようにも思います。発達障害の方の送迎では如何に安全快適に移動するかが肝です。

地下鉄では歩きスマホをして前も見ずに歩いている方が多々います、私1人なら回避可能ですが彼らの移動支援では如何に早くそれらの危険因子を見つけて回避するかです。

要人警備のSP並みに神経を使います、当事者さんに気を使いながら周りにも気をつける。

まとめ約のコーディネーターはさすがにリスクマネジメントが徹底され要人じゃなく要支援者を車で送迎です。

地下鉄の移動時は二人体制にしてほしい位です。東京などの都心部では列車の混雑情報が提供されますが名古屋の地下鉄では見つかりませんでした。

SPのように命の危険はありませんが、心中にはテーマ曲が流れています(笑)

危険回避として占星術を活用するのもいいかとは思いましたが、送迎時間やルート変更は理由が無ければ不可能なので活用出来ないかとも思っています。

/>