くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士で心・魂の探求者が綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

中古買取サイト BUY王(バイキング)に商品を送って2ヶ月近くたって振込みありました。

1月20日頃かと思いますが名古屋からスマホ(arrowsM03)を引き取って頂き、翌週に物品到着のメール連絡がありました。 その後半月くらい待っても査定結果の連絡がありません。

ホームページに2~3週間程度時間がかかるとありましたが気になって2月9日にメールを入れると自動返信はあるものの2週間経った現時点でも何の連絡もない状態です。

これは査定待ちで時間が掛かっているのなら仕方がないが、トラブルで止まっているのなら対処をお願いしたくメールしました。ホームページには電話番号の記載はなくメールかFAXのみが窓口のようです。

ネットで評判を調べると「BUY王(バイキング)は口コミ評価・評判『最悪』が多いけど、実際はどうなのか試してみた」を見ると2~3ヶ月で中には4ヶ月待ちで何の連絡もない方が居るようです。

BUY王を知ったのは使用しなくなったスマホの買取を調べたら他は1万円台の中で倍の2万円の査定価格が見つかったからです。高額に目が眩んでいつもならネットで評判を調べるのですが、そのまま引取りを依頼しました。

査定に時間が長期かかる、査定価格が低い(一因に査定に時間がかかるので価格が下がる)などの悪評ば多かったです。 心理的に自動返信以外に何の連絡が来なければ不安になるし、買取価格が低ければ不満は残ります。

ネットを見る限り一度送った商品の返却は元より連絡もつかない(つきにくい)状況らしいです、確かに自社のホームページに悪評は載せる訳はないので好評価は当たり前で比較サイトも提供情報を元に記載しているだけです。

同業他社に比べて買取が異常に高かったり、売値が異常に安かったら注意が必要と感じました。ネットはとても便利ですが実店舗の窓口に対して確証を得るのが困難でトラブルの時の対応がとてもやっかいな事を学びました。

追記です。 3月7日(水)に入金のメールが届きました。キャンペーンの追加金2300円とスマホ本体が美品、付属品完品で6750円の計9050円を3月9日(金)に入金があります。

昨年の3月4日に購入したのでメーカーの1年保証が終わったあとの連絡でした。買取価格2万円には遥か届かなかったので相場は1万円少しなので金額は予想より若干少なかったもののトラブルで無くて良かったと思います。

届いたメールに『査定手続が大変遅くなり、お客様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 当社予測を大きく上回る多くの商品が当社に到着しているためお手続にお時間がかかっておりました。』とありしたが、商品到着だけでなく(無いよりは大部ましですが)問合わせ時に時間がかかる趣旨の返信があれば、今日まで不安になることもなかったように思います。

「スピード査定」が謳い文句でしたから更にそう感じました。

~ ~

【参考記事2/24facebook投稿記事】

まだ悪質業者と認定された訳ではないので社名は出せませんがこんな経験をしました。

使用済のスマホ買取の比較サイトを見たら他社は1万円代でそこは倍の2万円でした。宅配の引取も無料で翌日には商品到着のメールが届きました。

査定に時間がかかり2~3週間かかるとありましたが1月下旬に送付して約2ヶ月にも何の音沙汰もなく、2月初めに問合せから確認を行うと自動返信はあるものの2週間連絡がありません。

ネットで調べると2~3ヶ月音沙汰なしはざらで、中に4ヶ月以上の方もいました。 状況から詐欺とは断定出来ず、そのように騒いでも異常に安い査定で返却に持ち込み着払いで商品を取り戻すのが関山らしいです。

それだけの時間的なロスがあれば買取の市場価格は駄々下がりです。私は法律には全く無知ですが、仮に悪質業者だとしたら高々数万円で裁判する価値もなく、詐欺の根拠も掴めないので裁判さえ難しい状態をつくり出しているように思います。

全国的な規模でこの現象が起きていますが被害者団体をつくるには余りにも少額で、そのまではする人は皆無のような感じを受けました。

個人的なメリットを見ても仮にこの会社の悪評(事実関係)を広めれば、売買する方が激減りはさせられると思いますが、その行為が最悪倒産まで追い込めば返品の可能性さえ0になりました。

でもよく考えれば中古買取の時の商法で電話番号の記載が必要だった気もしました。不安が広がる背景に連絡先はメールかFaxしかないのも要因に思いました。

長くなりましたが、これからネットで物品を販売される方の参考になればと思います。ネットの評判は感情的な方も居れば冷静に事実関係を書かれる方もいます。 過信は禁物ですが、参考するのは賢明な方法かと感じました。

私は高価買取に目が眩んでいつもはネット評判を考慮して行うのに、今回は即引取の依頼をしました。 状態的に可能性は低いですが悪徳企業ではなく、単に人手不足による一時的なトラブルであることを願っていめす。

26日のブログで社名入りで事実を時系列に書きました。fccebookで社名を出さないのは事実が確定されない中で瞬間的に流れる記事では人に誤解を与え、その会社に迷惑を描ける危険を感じたからです。

ブログなら後日に補足可能ですが、facebookではほぼ不可能かと感じています。それがまたfacebookの特徴でもありますが