くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士で心・魂の探求者が綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

四国三十三所巡礼in名駅とココナラで感じたこと

【経過をfacebook記事から転機します】

広告を見て行きたいと思っていたら、アッと言う間に開催されて最終日まじかでした。

知り合いのセラピスト(占い師)さんが御朱印巡りの話しを楽しそうにされていたので機会があれば巡礼したいと思っていたところに、このイベントを見つけました。

facebookで頻繁に広告が上がっていましたが、探すと見つからずに、ネット検索するも「巡礼」とか「霊験」などと「名古屋」で探すが見つかりませんでした。

木曜日は珍しく朝からfacebookをやり続けて「お砂踏」の単語が見つかり、「お砂踏」「名古屋」で見つかりました。

予約が一杯かと思っていましたら金曜日の日中は空きがあり10時で申込みました、よく考えれば平日の日中なので大方の人は仕事でした。

夜間、日曜日の変則勤務ですがこんなメリットがあることに気がつきました。巡礼の功徳って霊験もあるかも知れませんが、人が自らの足で巡ることで望ましい方向に進むと感じました。

【四国三十三所巡りin名駅を終えて】 たった30分でしたが色々ありました。

10時予約で30分早く9時半に到着して入場出来ました、入口でお坊さんに祈祷?を受けて33箇所巡りをしようとして気づいたがお賽銭でした。

一度退場して近くの銀行で両替に行きました。50枚まで無料でしたので500円玉を10円玉35枚と50円玉1枚、100円玉1枚に両替しました。何と4月からは口座を持っている人が11枚から、それ以外は1枚から手数料540円でしたのでグッドなタイミングでした。

両替を終えて会場に向かう途中でユニセフの募金準備中らしき風景があり、いつもはスルーしますが100円募金しようと思ったら毎月の定期寄付のようでしたので話しだけ伺いました。

以前私も募金活動をしましたが寄付して頂ければ嬉しいですが、話しを聞いてもらえるだけで有難たかったです。気持ちは分かりますが凶悪犯から逃げるように足早に去られる人は辛かったした。

会場に着くと予約の10時さすがと感じました、神事は時間厳守ので、上着は脱いで参拝しましたが手洗いと口すすぎをせずに入場しようとしたのでそれらを済ませました。

参拝方法は境内のお砂が入った石の円座の上に右から上ります、これが境内の入口で左に降りると正面に掛け軸があるので参拝して、終わったら次の所に移動します。

最初は掛け軸だけに気持ちが行きましたが途中片隅にある一輪挿しに気付きました、何となく自分にかぶりました。

四国33所は建設業最後に回った現場にラップして意味が分かった気がしました。途中駆け足ぎみになったので心を落ち着きつけたこともあります。

33所巡礼を終えるの満願証を頂き、記念写真を撮って頂きました。満願証は何となく無くす気がしたのでしっかり持ち歩きました。

会場をでて切符を購入して「時間にしたら30分だったけどとても奥深い時だった感慨にふけって、これが実際の33所巡礼をしたらどんなに功徳があるか」と感動していました。

ふと気づけば手に持っていた満開証と包んでいたパンフレットがものの数秒で無くなっていました。券売機までは持っていて歩いて数歩の自動改札口を入って気づいたので、券売機の前にあると思っていましたが見つかりませんでした。

ある意味では私らしいミスです(笑)、何か予感がありました。人生に満願はなく見方を変えれば常に満願、掛け軸を写真に納める方もいますがあの世界に持って行けるのは形のない想いだけ。

巡礼の魅力は各地を周り御利益を得るより道中に同じ巡礼者と触れ合って人生の交点を創ること。

満願証は無くしましたが何か清々しい気持ち、もし満願証があったらそれに囚われてしまったかも。四国三十三所巡りin名駅を終えて新しい出発の予感です。

☆ ☆ ☆

木曜日の日中にココナラの新規登録と「メール悩みごと相談」で登録しました。お試しの無料とは言えその日の夜にはお客さんの申込みがありました。

メールから気持ちを読み取ったセッション(相談)ですが、させて頂いて色々とアイデアが浮かびました。

過去~これからを見るのに「数秘やホロスコープ」、今を見るのに「カードやカラー」、感情に対するフォローで「EETやレイキ」が活用出来ると思いました。

よく最初のお客さんは自分にピッタリの方で経験やスキルを積むほどイレギュラーのお客さんが来られと言うが正にその通りです。

神は乗り越えられない試練は与えないではないですが、対応が難しいお客さんは来られない。

今、カラーセラピーの動画とテキスト添付で対応出来ないか検討中です。今まで飽きっぽくてアレコレとセラピーを浅く広く学んだが生かせそうです。

自分で無理なセッションはセッション内容の説明と適切なセラピストさんを紹介する事で対応しようかと思っています。

相談者のプロフィールを見たら大体イメージした通りでした。それからみるとfacebookは逆に記事やプロフィール、紹介写真などの情報が多すぎて多すぎる先入観で相手を見ているかも知れないと思いました。

言葉が話せない方とは全身からの感じることで異変を読み取りますが、話せる方は逆に言葉に惑わされてその人が等身大に理解出来ていないのではと感じました。