ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

セルフセラピー・EFT(タッピングセラピー)/童謡アートセラピー

EFTとは?(EFT-japanサイトから)

EFTは、Emotional Freedom Technique(エモーショナル・フリーダム・テクニック)の事で、 体のエネルギー(日本や中国でいう「気」)を整える事ことによって、感情的な苦痛や ストレス又それに伴う身体的症状を解消するテクニックです。

現在、EFTは、従来のセラピーに比べ、迅速で、安全に効果を生み出せるという事から、 心理療法の世界でも注目されています。基本的な方法は、解消したい感情的、精神的な 問題を言葉に出しながら、主に顔や胸周辺のツボを指で軽く叩くだけです。

又、EFTの大きな特徴は、誰でも身につけられ、自分自身で出来る事です。 但し、深刻な問題を抱えている場合には、常識から判断して、プロに援助してもらう事が 大切です。

EFTは、ロジャー・キャラハン博士(TFT創始者)の、「感情的な苦痛は、心身のエネルギー システムの混乱によって生じる」という発見に基づいて、アメリカ人のエンジニアである ゲアリー・クレイグによって開発されました。現在まで以下のような問題に対して効果を 挙げています。

*依存的欲求の解消(煙草、薬、アルコール、特定の食べ物等)

*各種のアレルギー

*怒り

*不安やパニック発作

*呼吸困難

*おねしょなど、子供の問題

*強迫的衝動、強迫観念

*鬱、悲しみ

*何かを失ったための悲嘆

*罪悪感

*爪を噛むなどの癖

*不眠

*ネガティブな思い出

*悪夢

*各種肉体の痛み

*外傷後ストレス障害PTSD)のストレス

*優柔不断(先延ばしの癖)

性的虐待の問題

*薬による副作用

*各種ストレス

(及び上記に関係のある体の痛みや不快感)

又、以下の事を高めるためにも効果を挙げています。

*集中力

*自信

*感情のコントロール

*病気の治癒や回復

*仕事、学校、趣味などでのパフォーマンス

*人間関係

*リラクセーション

*自分に対するイメージ、自己認識


EFT Steps in Japanese


まずはやってみよう ! 一番簡単なタッピングのやり方

無料資料EFT手順図のダウンロード

☆ ☆ ☆

自宅で学ぶ童謡アートセラピー こちらから資料を無料ダウンロードして下さい。

必要なものとして

・画材:色鉛筆(12色以上)、クレヨンかクレパス(12色以上)、画用紙(B4以上3枚でスケッチブックがいいでしょう)、鉛筆削り

100均でワンコインで購入出来ます、手持ちのものでも大丈夫です。

・CDプレーヤー、CDが再生出来ればパソコンでも大丈夫です、CD(詳細はテキストを参照)

個人的にはネットの動画を流用してもいいかと思います、私のブロク→ここに素材を揃えましたのでよろしければご利用下さい。