ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

働き方、生き方が大きく変わるかもしれません

現在は2015年1月から始めた介護職で毎週2回と泊まりと1回の日勤を行っています。 変則勤務で年間を通して週40時間勤務です。

昨年に介助グループの勤務体制の見直しがあって、勤務内容は変わらずに1時間の休憩が強制的に組み込まれました。実質的に勤務時間の増加で対応するしかありませんが私は勤務時間を週40時間から35時間の短縮になりました。

勤務時間の不足はフリー休(有給)で補填していましたが、時間不足に合わせて月1回は所要のために休みを取っていたので年12回休みと時間不足の補填はフリー休では難しく 年内の12月か来年1月で残がなくなります。

これ以上の勤務時間の増加は難しく、勤務時間減少による給料の減額額を考慮して継続可能かを検討したいと思っています。

人生の中で仕事の大きな転機が2回ありました。1回目は家庭を持つに伴ってそれまでの電話工事での収入ではやっていけないので会社や上司と相談の上で他に選択肢がないので意図しない転職になりました。

2回目は自分で選択したのではなく、流れのままに建設業の現場監督から転職しました。

今回は1回目と同じで何か回避策があれば居続けたいのですが、前回は原資の関係から今回は200名のメンバーと公平を保つために他に選択肢が無さそうな感じです。

問題先送りすれば年度開けまではズルズル続けれますが、問題提議して課題と取り組みたいと思っています。

上手くカワセレバ永年継続出来ますが早ければ年内に方向性を決める必要があります。その日のために1日1日をかけがいの無い日と思って過ごすのが今出来ることではないかと思っています。