セラピーと介護でお手伝いkuniの徒然日記

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事の紹介

天赦日と一粒万倍日が重なる7月1日

6月30日(土)に浄化して、「器」を整えたら天赦日と一粒万倍日が重なる7月1日らしかったです。

30日(土)は何か私向けと感じられるメッセージ(文章)や動画が多かったように思います。

斉藤1人さんの動画は始めて(久しぶり?)に見たり、鈴木真奈美さんのメルマガを読んだり、かさこさんのライブ曲を聞いたり、森野さんの学校の動画を視聴しました。

1日(日)は朝から色々と気づくことがありました。私は公団の4階に住んでいてエレベーターがないので階段を使用します。

1階と2階の踊り場にいつも人為的に捨てたゴミや吸殻があったり、禁止されている集合ポスト前に自転車が停めてあって気持ちがザワザワしていました。

その日に朝に気づいのはその行為そのものはマナー違反だが、それを見て自分は常識に絞られ生きている自分への怒りだったように思いました。

この内容と合わせてカミングアウト記事を書きましたが消えてしまったので、まだ時期尚早と判断してそのままにしました。

夕方に仕事を終えて帰宅する途中に疲れからか何か物寂しい感が満載になりました。

昨日見た動画で時間やお金が豊富になければボランティアを避けた方がいいと聞きました。 ボランティアをすることで人から頼られて抜け出せなくためと聞きました。 確かに障害者向けのボランティアを2団体以上掛け持ちで行って、結局全部が駄目になった経験があります。

団体にボランティアが居なくても運営出来る体制があって、その中にボランティアが入っていくのはいいが、最初からボランティア頼みではどうなんだろうと思えました。最近もボランティア志願したことがありますが、心のうちを見ると「自分を認めてほしい」の自己否定感から始まったように感じました。

同じ目的・夢があったので賛同しました。改めて本当に自分が望んでいることか、ボランティアと言う名の依存か内観したいと思います。

☆ ☆ ☆

 日付が変わった2日(月)の深夜に購読しているメンマガからヒントがあったんですが、仕事でモヤモヤしていました。

 人生のステージに4つあって

1つ目の『Riceステージ』は 生活だけのために行う段階。

2つ目の『Likeステージ』は 好きだけで、行う段階。

3つ目の『Lifeステージ』は 人にお役に立てる喜びがある段階。

4つ目の『Lightステージ』は 迷いがなく 自分が輝き、周りも世間を明るく照らしている段階。

この4つのステージは、 家庭、夫婦、会社、組織(チーム)であります。 『Likeファミリー』や『Lifeカンパニー』や『Lightチーム』などが、そうです。

天職と言うのは『Lifeカンパニー』を言います、仮にや『Lifeカンパニー』でも仕事以外で『Lifeステージ』に達することが出来ると思います。 仕事は時代の流れがあって今は社会に出ていないことかもしれませんし自分の1面です。 be(人格、存在価値、その人自身)が大切でdo(経験やどんな仕事を行っているか)やhave(現状やどんな資格など)は問題ではありません。