くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士でセラピスト修行中のブロガーが綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

激痛から思った生き方、在り方

今朝は脇腹の猛烈な痛みで目を覚ました。

痛すぎると声も出ないことを実感しました。昨日は高温で夜勤明け後に11時近くに帰宅してから、扇風機で腹を出した状態で身体を冷やし続けて、夜間はエアコンで冷らした翌日は腹が痛くなる経験をから予想範囲だか暑さから同じことを繰り返しました。

脇腹は声も出ないほど痛いが、エアコンが止まっていつもなら扇風機を回すのですが身体を動かさす事が出来ません。熱風が身体を包み込む感覚があり痛みと暑さで身体は過酷な状態ですが、頭は妙に鮮明に色々な思いが浮かびます。

同年代の(私は昭和39年12月生まれ)漫画家のさくらももこさん死去、53歳 「ちびまる子ちゃん」の訃報記事を思い出しました。

この状態を文字で伝えたいとヒシヒシの感じました。人生をピーク体験をミュージシャンは音楽で詩人はポエムで思いを伝えるのかと思ったりしました。

扇風機さえ付ける気力がないのに、枕元にあるスマホの画面を開いて文字を書くのは、この時点では無理な相談。痛みとは裏腹に『インタビューアが「最後に言いたいことは?」と問いに「この状態を文字にしたい」です』と笑えない妄想が繰り広げられました。

人生最後の瞬間

オンラインや瞑想で行った事があります。釈迦でしたかこれまで縁があった人や動物に囲まれて、夕闇と共に静かにこの世を去っていくイメージがありました。

人生の中でも何度か生まれ変わり経験をして40代で今世やりたかったこと、50歳になってからは定年後か間に合わなければ来世(笑)やりたかった障がい者向けのヘルパー仕事が出来て、更にやりないことを聞かれても来来世の事を聞かれるようで正直今の所は答えようがありません。

そんな意味では現時点でやりたいことは浮かばずにやり残しは無いように感じます。

自分のやりたいことではなく

人の応援をやりたいと思っています。ボランティアしかりセラピストしかり「人のためにやるには」金銭的時間的な余裕がないと出来ません。

ある意味では精神的な富裕層である必要があり、自分の生活や目の前でカツカツではそれ所ではありません。青春時に手話や点字ボランティアを行っていましたが中年期になってからは機会がなくなり遠ざかっています。

自分なりに目の前の(介護の)仕事に取り組む時期かと思ったりしました。4年も経つと波はあっても安定した介助が出来て、ある程度は臨機応変の行動が出来るようになります。

今の仕事や暮らしを180度転換するのではなく、どちらかと言えば+αするスタイルでしょうか?

今までの人生の気づきはこれからの方向性は、これまで過去の行動にヒントありでした。


近近で言えばブログジプシーでした。 今のwordpressブログをベースに「アメブロ」「はてなブログ」「blogger」「fc2ブログ」への移転を繰り返していました。

「無料ブログ」と「wordpress」の比較の比喩的では ・「無料ブログ」は集合マンションで良かれ悪かれ他のブロガーの影響があって寄合いがある住まい ・「wordpress」は一軒家でどんな奇抜な家でも、時間に関係なしにやりたいことは出来る。反面無人島のようなそのままで孤独して他からのアクセスが望めない住まい。

そんな中で「はてな村」に興味をもって「はてなブログ」の出入りが何回かありました。つい先日ですが「はてなブロガー」との交流は「はてはブログ」を開設しなくても「はてなID」取得だけで出来ると聞いて試している所です。

これまで日記のように書き続けて余り一目やアクセスは気にしていませんでした。ここ最近はどうせ書くなら数人でもいいので読まれたいと思い始めました。

自分がやってほしいことを人に求めるのではなく、はじめは人に行う。そんな簡単なルールを忘れていました。

今いる場所で精一杯咲くこと

書きたい事を書き上げると横っ腹の痛みに気づきました。ブログは痛み止め効果があるのでしょうか?(笑)

今日水曜日は5月初めから4ヶ月お世話になった障がいを持った方のグループホームのアルバイトが15時半から20時か21時まであります。これを無事やり遂げれば嬉しいです。

これまでは大きな病気や怪我なく、身体がなに不自由なく動くことが当たり前で、全ての事柄に何となく傲慢になっていたように感じます。自分の身体を含めて人との出会いも含めて当たり前ではなく、「感謝」の思いでいくことに猛烈な痛みを通して気づかせ頂きました。

自分は人々の心に何を残せるのか、それは何をしたからと言うわけではなく、その人がどんな生き方をしたかの結果のように思います。