くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士でセラピスト修行中のブロガーが綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

金持ちがカードローン(分割払い)を使用しない訳

昨日、根拠のない妄想話しで金持ちがカードローンを使用しない訳を考えてみました。

お金持ちは手元に現金があるのでカードローンを使用する必要がありません、売り手も現金化に時間が掛かるローンより即金の方がメリットがあるので便宜を図ってもらえやすいです。貧乏人ほど元金を払うお金がないので先伸ばしのローンにして、支払い計画も考えずに欲しいものを先に手に入れて後から苦しむパターンが多いようです。

金持ちも貧乏人も生身の人間である以上は明日はどうなるか分かりません。万一無一文になった場合に金持ちは全て払いきっているのでお金はなくなっても信頼は残っています。貧乏人は明日以降も定期的に、人によっては右肩上がりに収入が増え続けると根拠のない妄想を描いています。もし怪我や倒産で明日からの収入がなくなっても当然ながらローンは払わなくてはいけません。

人は先の見えない不安に目先が曇り、普通の判断力をなくても怪しげものにフラフラに飲み込まれてしまう。

私の体験で32万円の講座を毎月1万円で3年払いにしていて、予定していたアルバイトを止めてやりくりに苦労したことがありました。

幸い良心的なグループで利子0で支払いは各自の計画を確認して、サービスを提供していました。支払いの残りか10万円のところでフト思ったのはキャッシングで全額返却しようかと思って、Tカードで月々3千円だったでしょうか、24ヶ月分割払いで計算すると利子が3万円位で思い止まりました。

これから毎月1万円ずつ支払えば10ヶ月で済むのにローンを使用すると更に3ヶ月増えるか3万円の追加支払いになります。

上記のサイトによると 借り入れ金額×実質年利÷365×借り入れ日数=利息額

体感的に実質金利は13.8%が多いように思いました。 1年払いなら年利×1 10万円借り入れなら1.38万円 2年払いなら年利×2 10万円借り入れなら2.72万円 になります。

カード会社は1回払いの利子なしでは商売にならないので、分割払いを勧めてそれば収益それが収益になります。更に金利がいいのが「リボ払い」です、どこもリボ払いをすることでポイントのサービスが3000から5000point(円)付きます。即ちそれ以上の収益があると言うことです。

ネットには「リボ払い」を検索すると色々と分かります。

リボ払いは怖いのは毎月の返済額が低く設定されているので、元本の減りが遅く返済期間が長引くことで利息がどんどん膨らむことです。月々の支払いの安さから知らず知らずのうちに使い過ぎで借り入れ期間が長引いて、利子が元金を越えるパターンも多いようです。

上記の「リボ払いの危険な罠!なぜ10万円の借金完済まで3年もかかるのか?」から転機しました。

f:id:hotcom-kuni758:20181007110527j:plain

クレジットカードも即金で払えるお金を持っているなら、利便性を考えて無利子の1回払いを活用するのも有りかと思います。世の中は「カードローン」を始めに「携帯電話の料金支払い」など業者が儲かるように本当によく考えられていると思います。そんな業者の手の平で転がされないよう賢い消費者で有りたいものです。