ほっとコミュニケーションなごや

「スピリチュアルや介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事を通してホッと一息」の場として

『相棒』第4話「バクハン」の「シャブ山シャブ子」は凄くキラリ?!と光る才能に大反響・・

先日の相棒の第4話を見て感じることがありました、主役の杉下右京に正義(遵法)を貫くか世話になった角田課長の義理人情を取るかの場面で私が葛藤する場面がありました。

自分に当てはめれば主を守る任務(大義)を貫くか、世話になり恩義がある主の命の狙う友を見逃すかの葛藤がありました。

結果は任務(大義)を全うするのですが自分の人生はこれで良かったのか、もっと別の生き方もあったのではなかったかと問を残して世を去って現在に生まれてきた。そんなイメージも湧きました。


上記の記事を予約投稿している中でこんなニュースを見つけました。

headlines.yahoo.co.jp

Yahoo!ニュースには「たった1分程度の出演と名前だけで、(中略)伝説を生み出した」とありますが確かにインパクト大です。 「シャブ山シャブ子」という強烈すぎる名前のキャラクターで演じていた役者さんが江藤あやさんは会社は元OLで少なくとも、2017年頃まで会社員をしていたらしいです、下記のブログに詳しく書かれています。

dricho.com

他にも「相棒17のシャブ山シャブ子」で検索すると多くヒットします、たまたまではなく日頃からの演技力が1分の場面で視聴者に伝わったから、この反響があったと思います。私も見習って棚ぼた式(棚からぼた餅)を待つのではなく日頃からスキルを磨き、チャンス(タイミング)が来たらい発揮できるようにしたいものです。

twitter.com