ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

書きたい事を書き続けて、イベントを通して知った自他の説明書

ここ5日ほど書きたいや伝えたいことが多くて、1日1記事から1日2記事でした。先日一区切り付いて一休み。

「一休み一休み、慌てない慌てない」の一休さんが40年前のアニメで40歳以上しか知らないとYahoo!ニュースで見て時間の経つ速さに驚かされました。


土曜日と日曜日に私の属している団体の行事にボランティアの運営スタッフとして参加しました。何れも6時過ぎに起きて7時半に待合わせて9時開始でした。

土曜日はPM7時(19時)頃終わりで、見たかった「世にも奇妙な物語」の開始30分前に帰宅しました。日曜日はPM4時(16時)半頃に終わりPM6(18時)頃のいつもの仕事終わりに帰宅して、これまた見たかった「遺留捜査」を見ました。

担当した内容は裏方でイベントで使用する無線機の貸し出し、返却の管理と本部補佐(緊急時の雑務)でした。始めて担当に係らずにチーフ担当で2人のメンバーがいました。

イベントはクローズの内容で不特定多数の方ではないので、進行や来賓接待などの重要部門でなければユルユルの状態です。

人には得て不得手があるので2人のメンバーの対応(無線機の貸し出しのチェック、説明などの)を見て私より2人の方が適している様子でしたのでお任せしてフォローに入りました。

人って自分に適した事をすれば楽しく時間が経つのも早いですが、逆なら地獄になります。アルバイトと異なり金銭的なメリットがないので終わった後にどんな感想を持つかによって次につながるかが決まります。

今回はまたまたか、いつも見るこれまでチーフや担当者は殆どいませんでした。理由は簡単で始めチーフをやって勝手が分からないので総チーフに聞こうにも忙し過ぎて充分な話しが出来ずに、チーフ判断で行ったはいいが総チーフなどからやり直しを依頼されてメンバーは感情的になりチーフ自身も同様で時間からごっそり拒否されて新チーフや新メンバーになるも同様の悪循環が毎年続いている感じです。

私のところではメンバー2人から楽しく過ごせたのは話しを聞いて無事お役目を果たしたように思います。


明後日の水曜日にとある所(過去のブログに書きました)にアルバイトの面接に行きます、合格したらその事を紹介します。