ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

自分の性格・取扱いと崩壊に進む組織の方向転換が出来るかな?!

facebookからの転機で構成しています】

自分の性格・取り扱い

分かってきた自分の性格と扱い方

セッカチで短期、事前に下調べないと気が住まないタイプを基本的に持っています。

心身の理由や性格的にのんびり、ゆっくりする方にはその人のペースで付き合えますが、相手に分からないだろうと手抜きする人にはイラッと来るます。気が乗らないなら許容します。

グループでみんなの楽しそう様子を見て満足して、寂しそうな人にはフォローしたいと思いつつ言い出せずあとからモヤモヤする。

数秘6で、強きものには反骨心を持ち弱く苦しむ人は何とかしたいと思いつつ上から目線の手助けには抵抗がある。

メインよりサブがあっている感じ、こんな私を上手く使ってくれる人いませんか?(笑)

またメンバーの1人が去っていきます。

職場で長年勤めた人が11月に1人、12月に1人退職するのが分かり何か淋しい思いがします。 経験的にこう言うのは不思議と続くんですよね。

崩壊に進む組織の方向転換が出来るかな?

最近、このままならこうなるんじゃないかと好ましくない未来を想像してその通りになってきました。

1.例えば常に依存させずに新しい人を集客するには、常に人集めが必要では講師に質問したらもの凄い勢いで否定されたり、

2.組織の大黒柱に相当する人は役を降りて、1人でされた事を4人で分担するようになり家で言えば家のど真ん中の大黒柱を取り除くために四方の柱で分担する構造に変更したが1本に異常な荷重が係るので持ち堪えられない。

3本になって何れ崩落するのを巨大なクレーンで引っ張っている。遠方から見ればもう既に家の体はないが近くからはクレーンが見えない。

本来は大黒柱が持ち堪えられなくなった時点で屋根の上の絢爛豪華な装飾品を取り除き、本来の屋根だけにして柱の補強を十分行い必要な装飾品を取りつける必要があったが時期を失して装飾品を下す体力なない。

そのまま進んで行けばマンホールの蓋が開いているんで落ちて大怪我をするのが。こちらから見えているのに何故方向を変えないのか?不思議に感じることがあります。

初期なら簡単なアドバイスで修正可能ですが終末になれば痛みを伴う組織改革しかなくなるのに、虫歯を同じ理屈で感性を持とうよ感性が苦手なら頭を使おうよ そんな風に感じる出来事が増えている今日。

SNSで書いても仕方ないかも知れませんが、こんな経験を何度もしているので魂の癖あるいは乗り越えるべき試練かもと思っています。

今回は外野として傍観して立ち去るのでなく、崩れ行方定めかも知れない中に入って行こうと思います。

先を見通す力があるのなら、もしかして行き着き先を変えられるかも知れない。個人の無意識は変えやすいですが、組織は無数に絡み合う集合無意識が方向性を決めているので中々難しいかも知れません。

力が残っているうちに得意な人の心にアクセスしてメンバー全員の合致させれば方向転換は出来るかも知れません。

先の崩れ行く建物で言えば3本柱に筋交いを入れて各柱への負担を数本(数人)の筋交い分散させて強度を上げて安定さてた上で屋根の上の装飾品を再配置するような感じです。

組織に関わる人々の集合無意識を変えるのは困難かもしれません、しかし個別意識の共鳴(共感)点を見つけらば無理ではないように信じています。

人の運命は決まっていて決まっていない?!と言うこと(ブログだけの記事)

セッションの中に今までの経験で創られた未来を意図する手法も紹介されていますが、方向転換出来るのは誤差範囲となります。

例え話ですが花屋さんとして人々を幸せにするのが運命の方が居たとします。この方がふとしたきっかけで、人々を幸せにするのは政治家だと信じてトップの総理になる決意をしたとします。もしかしたら運命の誤差範囲で政治家に当選するかも知れません、

しかし結果は花屋になりした。政治家が行う花屋で全国的に有名になりお客さんの深刻な相談事でお花にはとても話せない内容が政治家の肩書きでお花を買いつつ悩みを解決して行きました。

こんな感じです、人の運命は活字の小説やDVDのように大筋は決まっています。しかし何もしなくても言いかと言えば許容範囲の中で運勢は変わっていきます。ここに未来が見えない人の醍醐味があり、人情劇場があります。