くにさんの日々是好日

くにさんの日日是好日

介護福祉士で心・魂の探求者が綴る日頃感じたアレコレ、SNS投稿記事の紹介

入院で知ったミニ知識と経験

【facebook11/30から】

医療費の限度額認定証ってご存知ですか?今回はその事と失敗体験を紹介します。

手術などで医療費が高くなりそうな時に事前申請することで支払い限度額が決まります。

医療費が高額になりそうなとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

月収20万円(手取り)で5万円ちょっとの支払いになります。精算金額は7万円ちょっとでしたが制度を使用したら税込で5.9万円の限度額の支払いでした。

申請は簡単で協会けんぱの場合はホームページから書類をダウンロードして、必要事項を記入後に郵送か持参で提出します。郵送で行いましたが1週間で支払い限度額認定証が届きました。

病院に着いたら直ぐに会計に提出した方がいいと思います、私の場合は日曜日入院で月曜日が手術で退院許可が出た時に提出しました。

入院経験は初めてで大きな病院でした。何もしないとそのまま規定の金額で請求が来ます、そこから限度額認定証の処理をすると自分も会計担当の双方に手間がかかりますので早めの提出がいいですよ。

出来るだけ付き添い者に来てもらうか、自宅が近ければタクシー利用がお勧めです。

術後の安静期間が終わると歩行確認だったでしょうか看護師同行でベッドから立ちあがり病室周りの歩行確認がありました。丸1日寝てただけで大袈裟と思っていました、家で風邪を引いて1日寝たのと違っていて必要性を実感しました。

退院時の付き添いは辞退しました。開腹手術でなく内視鏡手術なので退院後は直ぐに元通りのイメージでしたが鈍痛があり思うように気力が出ずに、キャリーバックの運搬も辛い状態でした。