ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

いつもの毎日に戻って、そこにいて価値を発揮する自分の在り方に気づきました。

イレギュラーな日々から戻って

ここ1ヶ月位は色々か行事でイレギュラーな毎日でした。ざっと紹介しますと「新アルバイト開始に伴う銀行口座開設と旧銀行口座2行の解約」「自分の手術入院準備及び入院」「家内の教育入院」「年末の定例行事2つに参加」「必要な休暇処理」です。

先日全てが終わり平常に戻ります。

自分の在り方-そのままでいい

入院の影響が大きかったと思いますが、何か自分の想いに微妙な変化がありました。

それは何か特別なこと、例えば個人事業主になったり、セラピーになり活躍する事で自分の存在価値を見いだそうとしていた感じがしました。

職場やアルバイトを通してそこに居るだけで、頼みごとに対応したり、障害を持った周囲の人々を笑顔で元気にさせる事に気づきました。

無理に何かしなくても、いや無理にやることで自分らしさを無くして自分自身や周りに不調和音を気持ち悪さを感じることを知りました。

先日夢に観たこと

それは外国でしょうか?クローバーが生えた斜面で一人の方が座っていました、性別は記憶していません。

その方に話しかけ(多分)手を取って立ち上がってもらって色々なお世話をしたような感じが残っています。

最後は自分は「この人の人生に責任を持って接することは出来ないんだ」の思いで、その方は元いた場所に戻って行く場面で終わります。

そこで座って死を迎えるのか、単に人を待っているだけかは分かりませんが、そんな夢を見ました。

旅立ち動画を作成してもらいました。

youtu.be

新年への抱負と決意

12月は来年に向けての準備月間とも聞きます。年内の行事は終わり新年は「今の環境を大切にして自分の出来る事を最大限に行って・価値を発揮します」「状況が許す範囲のグループで協調を基本として、メンバーの幸福度向上のバックアップをします」