ほっとコミュニケーションなごや

「スピリチュアルや介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事を通してホッと一息」の場として

facebook投稿を控えている訳は・・そして障害=悪と言ってほしくない

最近、自分の思いが文字では上手く伝えられないことを知ってfacebook投稿を控えていました。→下段に続きます。

私の気持ちを伝えたくて思いを文書にしました。

~ ~

食品添加物や予防接種には個人的には反対の立場です。勿論人それぞれの考えがあるので違う考えの方には説得するつもりはありませんが、理由を知りたい人です。

食品添加物や予防接種の悪影響として奇形児や障害児が生まれる事をよく聞きます。生まれて来る親の気持ちとしたら五体満足の子供を願う気持ちは痛いほど分かります。

しかし生まれて来た奇形児や障害児を悪のように言われている感じがして馴染めませんでした、同じく健常者が健康を願うのは普通の気持ちですが病気(人)=悪のような感じがあって健康食品グループにはしっくりしていませんでした。

しかし人の健康を守る活動は必要であり、重要なことと考えて上記の思いがあるものの関わっていきたいと思っています。

【最近facebook投稿を控えた理由】

職場内のメンバーへのメールでは書き方が下手で、思いが湾曲して伝わる経験が多いので、事務メールの出欠の有無程度なら大丈夫ですが主観的な内容は送信後に出来るだけ音声や対面で再確認するようにしています。

☆職場の会議議事録で見た実態と記録の相違

例えば「利用者のA君は頼んでいたものが準備されていなかったので怒った」のが実態だとします。議事録には「A君は怒った」の一部だけがありました。

会議に参加された人は状況は伝わっていると思いますが(多分)慣れない書記担当が端的に書き取った内容かと思います。

嘘ではないが、これでは100% A君が悪者に感じに受け取られます。改めるべきは「忘れていた」人にあります、あら探しをしたり犯人探しをするのではなく、今後はうっかりミスをしないように講じる場がその機会を無くしてしまいます。

客観的には記録の通りですが何か大切なものが抜け落ちている感じがしました。