セラピーと介護でお手伝いkuniの徒然日記

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS投稿記事の紹介

新年の決意と「共生・平等」組織の運営の難しさ

【1/5facebookからの転機】 facebook記事は原則友達のみ公開、twrtterは鍵付きにしてあります。秘密の投稿ではありませんがこれまでの流れを知らないと意図が反対に伝わるリスク排除目的です。また公開記事にしても「記事保管」の観点から定期的にブログにコピー(転機)しています。

☆新年の決意と立ち位置

何を書いて伝わらないと嘆く前に伝わるような文章力や丁寧な説明な説明をしよう。SNSで伝わり難ければ動画や写真等が豊富に入れられるブログで捕捉説明をして伝わる工夫をしよう。

直ぐには改善は難しいと思いますが、長~い目で且つ(生)暖かい目で応援して頂ければと思います。

と思った54の冬←何となく書いてみたかった。

~ ~

今「天皇反対派」と「天皇擁護派」に入って双方からみればコウモリ的な存在に見られていると思います。

それは視点の違いです。戦時中の天皇陛下のおんためにと担ぎ出された(軍部=天皇)と神ごとを扱う天皇みないな感じです。

日常で言えば多くの方は警察官に呼び止められると「ドキッ」としてこの時は好感は持てないと思います。反面落とし物や迷子で交番を訪ねた時の警察官は頼りになる存在かと思います。(根っからの警察官嫌いは別にして)

そんな事より自分の価値観に合わない人を排除するのではなく、一通り話しを聞いてみようよ。共感はしなくてもいいけど理解するだけて世界は広がりますよ。

宗教戦争などと背反する矛盾した文もありますが、神様ごとをやっている人から想いを変えようよ。相手を受け入れることと自分の理念を曲げる事は違います。

ファーストフードが大嫌いでも、そこで働く方や利用する方を叩くことは別に思います。


☆「共生・平等」組織の運営の難しさ

共生・平等の素晴らしいスローガンを上げながら発展していかないのはこのためと考えています。

と言って軍隊式にしては組織の存在価値がなくなってしまうし、難しい問題です。

転機元烏合の衆 - ウィクショナリー日本語版

烏合の衆(ウゴウのシュウ) 寄り集まっただけで、規律も統制もない群衆、軍勢。

さて、なんの覚悟もない烏合の衆の八十人ではおそらく一坪の物置きの火事でも消す事はできないかもしれないが、

しかし、もしも充分な知識と訓練を具備した八十人が、完全な統制のもとに、それぞれ適当なる部署について、そうしてあらかじめ考究され練習された方式に従って消火に従事することができれば、

たとえ水道は止まってしまっても破壊消防の方法によって確実に延焼を防ぎ止めることができるであろうと思われる。

寺田寅彦 『からすうりの花と蛾』)