くにさんの日々是好日

名古屋人・クニの日日是好日

監理技術者(全体・cool)×介護福祉士(個別・hot)目線で観た雑記帳

障がいを当たり前の事として生活する方を見て自らの省みたこと

【1/7facebook投稿記事から】

上記記事のトップにある集合写真の中に私が知り合った方がいます。

それだけなら何十人何百人いますが視覚障がいの方です、人を障がいの有無を含めて外観で判断するのは嫌で仕事でも障がいに伴う安全配慮上で必要最低限のレクチャーを受けて現場で本人と接することから学んでいます。

色々な障がいを持った方と関わりましたが、感覚的に分かるのでそれに従ってさりげなくフォローしています(例えば片耳に目立ちにくい補聴器を付けている方は違和感がない範囲で話す速度やトーンを調整しています)

その方とはほぼ1日ワークでご一緒しましたが、視覚視がいとは気づかずに後日(視覚障害がいの方と一緒に走って目の変わりをする)伴走者と聞いてボランティアかと思った位です。

そこではたと気付きました、絵を描くワークがあったのですが周りの方が絵の説明をしていました。

何か頭をおもいっきり叩かれた思いでした、障がい者ボランティアとかセラピストとか言いながら目の前の方が見えて居なかったことに気付きました。

その方は東京の鈴木真奈美さんのワークや講演を聞きに行かれるバイタリティーに心打たれました。私の友達にも視覚障がいの人が居て地元なら風の流れや匂いで健常者よりも地理に詳しい方もいます。

しかし人の流れや速さが比べものにならない東京に行くは勝手に想像するに健常者が初めての海外旅行並みのご苦労があるように感じました。

その方をSNSで見かけますがよく読まなければ晴眼者と違和感がない行動力には凄さを感じます、合わせて(想像ですが)周りの友達のさりげないフォローもあっばれと感じました。

益々のご活躍を願っています。

この記事も心に残りました。

f:id:hotcom-kuni758:20190107155133j:plain