くにさんの日々是好日

名古屋人・クニの日日是好日

監理技術者(全体・cool)×介護福祉士(個別・hot)目線で観た雑記帳

組織・コミュニティの成長・発達段階を自分なりに図解入りでまとめました

「平和活動」を目的にするコミュニティ内部での「内紛」

ネットで出会った言葉の定義も生まれ育った環境や思想が千差万別の人々で新たにコミュニティを立ち上げるためには、時間を掛けて馴染ませることが必要。

メンバー間の討論では時間が掛かりすぎるのでリーダーの独断的な進行が不可欠

「緊急性」と「アットホーム」は残念ながら相反すること。

それを行おうとすれば二兎を追うもの一兎も得ずの諺通り時間がかかった割りに中身がなくバラバラの状態になってしまう。

それを思った時に新規部署開設の時に厳しく恨まれた上司の心中が理解出来た 残念は直近にフォロー人材が居なかった事

から転機

☆組織・コミュニティの立ち上げ時 f:id:hotcom-kuni758:20190109101116p:plain

リーダーの思いが強く頭でっかちの子供が不安定なように転び易いが、一人立ちするための初期。

リーダーの補佐として参謀が居れば望ましいが、人材探しの時。

本体のメンバー、手足の事務かたも小さな存在でつながりも危うい

☆成長安定期 f:id:hotcom-kuni758:20190109101542p:plain

リーダーの思いが全体に行き渡り安定したサイズになります。メンバーの相当の身体や手足相当の事務かたも成長して、関係が密になります。

最初から必要な心臓は理念で大切だが、心臓移植があるように頭(リーダー)さえしっかりしていれば発達段階によって変わっていくものかも知れません。

やがて子供が生まれ巣だって行くように、安定期から成熟期には理念や思いが異なるメンバーがあらたな組織・コミュニティを結成して新たな活動を始める。