ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

「月刊なぜ生きる」から「映画歎異抄をひらく」までの流れ

「なぜ生きる」との出会い

昔、仏教講師の方から「なぜ生きる」の映画チケットと映画ストーリーの解説本を頂きました。

映画には「なぜ生きる」マニア?!の方と合流して見ました。当時は仏教講話に誘われるのが嫌で映画を見終わると同時に逃げるように帰りました。

今思えば好い人ばかりで、このせちがらい世の中で不気味感がありました。最近facebook広告で「月刊なぜ生きる」の4月号無料配布を見て、何かのセールスがあると嫌だと申し込みをためらいました。

年を重ねて当時の方の人柄の良さに気づいて無料だしの軽い気持ちから申し込みました。何か引き込まれて初回のみ3ヶ月がおためし購読1,800円のところ→980円に申し込みました。

映画「歎異抄をひらく」を知ったきっかけ

そこに映画「歎異抄をひらく」『「なぜ生きる」シリーズ第2段』に目が行って名古屋市内を探すと伏見ミリオン座がありました。

劇場のホームページを見ても案内地図と住所が違ってGoogleマップを見ると2つヒットして困りました。

そんな中見つけたのが「2019年4月12日(金) 伏見ミリオン座は移転しました!」です。

www.eigaya.com

住所は 名古屋市中区錦二丁目15-5 アクセスは地下鉄「伏見」駅1番出口徒歩1分

で劇場のホームページの地図が移転前の古いものでした、調子が良ければ明日金曜日の泊まり明けが土曜日8時には庄内通近くでの介助が終わります。

帰宅は鶴舞線から伏見で東山線に乗り換えますので気力があれば9:45上映を見たいと思います。不調で眠ければ上映中に寝ては勿体ないし周りに迷惑なので、またの機会にしようと思っていました。

結果的に夜中は利用者さんはぐっすりと寝て3時過ぎにトイレ同行をして、朝まで寝れました。

8時過ぎに出発して8時40分位に劇場に到着しましたが開いて居なかったので近くの喫茶店でモーニングを取りました。

最初は上映30分前の9時10分と思っていましたが、何となく人通りを見て9時に劇場に入ったらチケット売り場に列が出来ていました。

正直人気映画と違い人もまばらと思っていましたが、違っていました。劇場の外までは並んでいませんでしたが周りの席は隙間なく入っていたように思います。


【悩み編】

映画を見た感想と昨日悩んでいた事が映画を見ようと思ったら解消しました。

それは8月初めの金曜日から行事のボランティア打診でした。金曜日は毎週泊まり仕事があり休む必要がありました。

毎年ある行事の中で特に重要ですが、仕事を含めて2泊か3泊で課題もありました。

エイヤーと行けばクリアー出来ると思いますが、何かスッキリせずにお断りしました。

悩みはもう1つあって優柔不断の性格です、これやりなさいとはダメとはハッキリと言えない事でした。

具体的には学童デーサービスでは高学年の利用者さんがものを乱雑に扱っているのを、軽く注意するのですが他の人のように厳しく注意したり取りあげたり出来ない。

また本職では金曜日泊まりの利用者さんが朝起きずに交代まで寝ているので他のヘルパーさんから一度起こして朝食を済まして寝てもらった方がいいのと言われました。


【映画感想編】

十人十色と捉え方があるように思います。私は「煩悩」を悪と決めずに一生付き合っていく存在としていくこと。

不幸が起きたら、人の不幸を止めることは出来ない。しかし人から見たらどんなに不幸でも想い1つで一瞬で抜ける事が出来る。

と受け取りました。

【悩み解決編】

学童の子供には他の指導員からこっぴどく叱られて止められるなら、私がやんわりと止めた方が本人のため。

利用者さんには、朝寝坊の状況はそのままでも支障ない事を担当者から聞いて、身体にとって必要な歯磨きや入浴は問題なく行っているのでいいかと思っています。

もしそれらを拒否したら手を返し品を変えてやってもらうようにすると思いますので問題なしと考えが変わりました。

定期購読者プレゼントの切り紙と写経