ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

iPhoneバッテリー交換を思いついた事から窮地に陥りました

もう使えなくなるのを覚悟した iPhone7が復活しました。

事の起こりは中古で購入した iPhoneのバッテリー最大容量が85%だったのでバッテリー交換を決めました。

方法はApple社の正規代理店で行うか街のショップで行うか迷いました。前回の iPhone6sは正規代理店で行いましたが本体の傷について万一傷が原因で本体破損があったらバッテリー交換代+本体修理費用が発生すると念押しされました。

傷と言っても数ミリの凹みですので普通に考えたら破損しようがないのですが、最悪+数万円を覚悟して結果はバッテリー交換の5400円で済みました。本体代が1万円でしたのでほぼ半額の出費でした。

その後非防水と電子マネーに未対応なので7700円で販売しました。半年保証とは別の本体+バッテリー交換の半額でした。

その後に iPhone7が1万7千円と半年保証を合わせて2万円で購入しました。画面左上部の1センチの破損が説明通りありました。

バッテリー最大容量は前回の iPhone6sは80%で今回は85%でした。気になったので交換を考えました。Apple社正規代理店では前回同様に破損は別途修理費がかかりますが、今回は既に破損があるのでリスクが高く街の修理店で行いました。

先々日の日曜日の社員旅行の帰りに予約をして夜に持ち込みました。所用時間は30〜40分という事で打合せ室で待ちました。

10分もしないうちに先程の人が入って来て嫌な予感がしました、書類の除外規定にかかわる想定外の事が起きてホームキーが使用できなくなった事が伝えられました。

相談の結果、バッテリー交換の他に画面交換の通常は部品代と工賃で1万円だけど今回は部品代の半額負担でどうかの話しがありました。

選択はホームキーの使えないまま受け取るか、傷がある事だし部品代で予定の5千円から1万円にするかで後者を選びました。

全てが完了した時に今回のアクシデントは1/1000の確率位の発生率との事でした。動作確認をすると早々に画面のフリーズがありました、1週間位様子見で話しがあり一度きりなら仕方ないと思って持ち帰りました。

日曜日と月曜日にたびたびフリーズがあったのでデータを初期化して再インストールしましたが変化なく、夜勤に出かけました。

あまりにも頻繁するので担当者に連絡をすると画面が火曜日の昼2時に入荷するので交換対応するとの事でした。フリーズの要因として画面パネルの初期不良iPhone本体のシステム不良のパターンがあります。

部品の交換までの対応可能とのことで画面の初期不良の可能性を考えると、どんなけの確率かと思いました。よくよく考えれば iPhone売店の保証はバッテリー交換の時点で無効になってシステムトラブルなら iPhoneはもう二度と使用出来ないとシンミリしました。

団地で清掃して業者さんを見かけ、仕事とは言え周辺を綺麗して頂き感謝の想いが湧きました。 iPhoneを持って修理店に行き預けました、途中でお客さんが来て修理の事を事細かく聞いていました。

いつもなら、いつまで待たせるのかイライラするのに大切な物なので気になるんだろうと感じました。勝負は最初の5分で新しい表示パネルに変えてもフリーズするならシステムの可能性が極めて高くなります。

無事30分以上経って多分再現しないのでしばらくテストしているだろうと想定が出来ました。担当者が来て不具合は見つからないが確認をお願いされました。

確認をするとこれまでモッサリ立ち上がって長文を書いたり読んだりするとフリーズするのに問題なくクリアしました。最悪を覚悟しましたが死の淵から蘇った感じです。

帰り道にプリンターのインクリボンと iPhoneの保護シート、気になっていた「月まで3キロ」を購入しました。

帰りの地下鉄では動作確認に夢中になって購入した切符を車内で無くました。地下鉄は区間が決まっているので最悪揉めたら最高額を支払おうと思ってインターホンで状況を伝えるとそのまま手動の改札口を出るように話しがあってスムーズに済みました。

今回の文章は iPhoneの動作確認も含めていますが、これまでちょっとしたら直ぐにフリーズするのにここまで大丈夫で画面パネルの初期不良のようでした。

結果的にバッテリー交換と画面の部品だけで純正に近い高品質パネルになって傷を気にしなくてよくなりました。