ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

自分と対面した3~5日間の軌跡

きっかけは

モッくまくんの星のレッスンに「冥王星と太陽が90度なら人が心に決めた夢とたましいが決めている夢がちぐはぐ」と自分の事があったので自分との対話を決めました。

いつもなら都度、想いを記録するのですが今回はそれをやらずに最長4日過ぎているので当時の熱い想いは下火になり記憶を頼りに構成しました。

6月28日㈮~29日㈯泊り介助

利用者と就眠前にテレビで映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見ました。

youtu.be

youtu.be

自分に肉体が無くなっても想いをつなげる「REBORN(再生)」が印象的で、自分の死後も肉親以外の誰かの記憶に残ればの思いに気づきました。

•高校進学及び就職先に電気、電子方面を目指したのは中学の物理でその関係のテストを100点取った事に起因していた。

•ボランティアから始まり、その後に福祉の仕事やスピリチュアル、セラピーに興味を持って生業にしたいと思ったきっかけは高卒後に人生初めて親元を離れて生活を始めた時に視覚障害の方と出会いそれがきっかけで友達が出来て孤独から抜け出た事が起因でした。

•これまで選択して自分がやりたかったと思うことは、生まれて来た後に後付けの体験が原因だった事を思い出しました。

•仕事で一泊した明けから社員旅行に出かけて、そこでも道中や泊まり先で彼らを見守る事にモヤモヤ感が持ちながら旅行の集合先に向かいました。

6月29日㈯社内旅行1日目

7時半集合で8時出発ですので、通常は8時上がりが7時交代に早まりました。ギリギリ時間しかなくていつもなら焦ってバタバタします。

今回は勤務体制上でなった出来事なのでと思い焦らずに集合場所に向かって7:55に到着したら全員がバスに乗り込んでいました。

【1日目の午前中】 「越前・和紙の里」で和紙づくりを見学しました。

【1日目の道中】 バスの中でカラオケ大会が行われて、障害を持った彼らが次々に歌っていきました。そう言えば昔仕事先で無理矢理カラオケを歌わされたけど結果的に気持ちが良かった事を思い出しました。

【1日目の午後から】 「越前・そばの里」でそばづくりを体験して自分たちでつくったそばで昼食になりました。見るとやるとでは大違いでそば打ちの大変さを実感しました。

【泊まりは】 金沢の山代温泉で1泊しました。

これまでに行った仕事を過去から思い出して、今の仕事の事になりました。障害のヘルパーはあくまでも黒子で自らをアピールする仕事でなく、主体や目配せする対象を障害を持った彼らでありサポートする健常者同士の交流は全くない事に気付きました。

6月30日㈰社内旅行2日目

【朝バスに乗り込むと】 幹事さんから参加者計23人に全員に記念品を配れたました。グループな代表が肝いりで立ち上げた拠点の方が今回の旅行の幹事(グループ)ですが、思いやりも行動力もさすがと感じる人々です。

【2日目の午前中】 高齢者、大学生、病気の人、障害のある人、分け隔てなく誰もが、
共に手を携え、家族や仲間、社会に貢献できる街。「シェア金沢」を見学しました。

大雨のために残念ながら屋内だけで場内は回れませんでしたが、説明を聞いて思ったのは 1.点ではなく面としても「高齢者-障がい者-子供」そして住民が有機的つながってりること

2.障がい者とは論理的な根拠を元に関わっている事に共感を覚えました。

他所の芝は青く見えるの例え通りか、こんな環境で働けばの思いも持ち上がりました。

【2日目の昼から】 「兼六園」で、雨に降られることなく見学ができました。2日はグループメンバーだけを気にして他の方はそれぞれのグループリーダーがいるので気にせずに風景を楽しみました。

仕事や義務感ではなく性格的に障害を持っている人や困っている人の事が気になること。知らないふりをして自分の時間を楽しむより自然な事にも気付きました。

6月30日㈰旅行後~7月2日㈫

旅行帰りにiphone7の軽くバッテリー交換を思い立ったことから怒涛の3日間が始まりました。

hotcom.hateblo.jp

7月2日㈫「月まで三キロ」を読んで

iphone7の修理無事完了が確認できると、何かで聞いた「月まで三キロ」が読みたくて市大型書店を2件回って手に入れました。

物語は6編の短編小説で人の機知や暖かい思いに触れました。