ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

冥王星と太陽が90度であることは魂と心がちぐはぐであることを冥王星とチャネリングしました。

moccuma.net

モックくまくんの星のレッスンに乗っていた「冥王星と太陽が90度であることは魂と心がちぐはぐであること」は何となく理解できるものの実感が湧きませんでした。

そこで冥王星とのチャネリング、妄想という方といますが、それぞれ好きな解釈で良いと思います。

人の心は肉体の安全を保つために変化を嫌います、無意識のうちに安定した繰り返しを選択するように思考をコントロールします。

魂の望みが合致していればいいのですが、私のように本来刺激的な生活を求めているタイプは魂の死を意味します。

毎日がなんやかんなあって都度対応が必要な建設業での仕事は休日と言えども心休まる時はありませんでした。施主ほ完成検査が終われば時に長期休暇も可能ですが次々の担当件名はどこでどんな仕事かは想像もつきませんでした。

そんな仕事を数十年続けて来て、介護職に変わりました。一般的な介護職は毎月予定が決まるようでず、うちは1週間のローテーションが原則繰り返されます。

入った当時は精神的にダウンして、てっきり夜勤や研修のための過剰勤務のためかと思っていました。実は建設業時代に比べたら夜勤も勤務も軽く負荷が無くなったための反動かと今にして思います。

1軍隊並みの戦闘能力を持つランボーは人並みの静かな生活を望んでかは分かりませんが、そんな生活を過ごしていると魂が導いたかは分かりませんが、戦場に赴きその(悲しいかな)能力を発揮して市民を助け出します。

人がうつ病になるのは魂ではなく心の願いで生きているからかも知れません。星回りによっては冥王星が魂で生きるのに妨げになっている心を粉々にします、そして何も無くなったあとに魂のままの生き方が始まります。