ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

「ADHDを病気や障害と診断せず、才能へと導く方法•••」の記事について思うこと

【Facebook7/4投稿記事から転記】

社会に上手く合致していれば才能を発揮出来て長所と見られますが、環境が整わなければ短所として周りから叩かれやすいです。

でも彼らはキラリと光るモノがありますので、それを見つけて生かせる環境をつくる事が必要と感じていますがヘルパー領域では難しい状態です。

介護福祉士でもケアマネでも何か違う感じがします、私はからっきりの方向音痴ですが、利用者さんの1人がとても方向感覚が良くて地下鉄の1駅2駅を歩きで毎週違うパターンで帰宅して、大丈夫かと思っていても必ず途中駅に到着しました。

これは時間制限のあるヘルパーでは難しいと思いますし、万一道に迷った場合は全面的にヘルパーの責任ですので実行はなかなか難しいと思います。