ほっとコミュニケーションなごや

スピリチュアル的な内容や介護/福祉をメインに感じたこと、SNS記事のストックや「つぶやき」、画像投稿しています。

「なぜ胃ろう患者の朝食は午前4時なのか」を読んで思うことは

この記事を読んで感じる違和感は私も持っています。胃ろうからの栄養補給をしていると、固形豚を口から食べるのと比べて機械的になりがちです。

ベッドで寝たきりで気管切開、胃ろうの方の介助は時間系列に従ったチェックシートで行なっています。内容は身体介助、生活支援として掃除や洗濯があって時間通り行わないと次の介助に影響が出てきます。

身体介助関係で迷うのは休日にベッドで気持ち良く寝ている時です。口腔摂取ではないので時間通り胃ろう摂取も可能です。

でも健常者から見たら不自然感ありありです。食事中に疲れて無意識に口に運ぶ事はあっても、寝て居る時に勝手に口から食事を入れられることはありえない状態です。

発熱時にうつらうつらとして食事を口元に運んでもらうことはあるかも知れませんが、自分の意思で食べます。

それが当たり前なのに胃ろう患者は何故意思を聞かれずに施設の都合で朝4時に朝食なのかは甚だ疑問です。